スポンサードリンク

Top >  犯罪と防犯 >  ホームセキュリティも検討

ホームセキュリティも検討

「安全と水はただである」ということが長いこといわれてきた日本ですが、現代社会を考えてみると犯罪は増加しており、治安のよい日本社会は過去のことになってしまっています。

clpr097-s.jpg

家を留守にする時は施錠を確実に行っておく。それだけでは安心できなくなってしまっています。本当に悲しいことです。

しかし、多くの企業や施設また、マンションなどでは一般的になっている警備会社によるセキュリティシステムも、一戸建ての家庭ではまだまだ普及しているとはいえません。

ホームセキュリティは、裕福層の豪華な家が行うものであると、かつては一般的に認識されていました。しかし、ホームセキュリティも価格が年々下がってきており、導入する一般家庭もまだまだ多くないとはいえ確実に増えています。

防犯カメラで監視するということは、確かに犯人を威嚇するという意味でも大きな役割があるものです。でも、実際に犯罪や事故が起ってしまった場合には、ホームセキュリティの役割というのはそれ以上に大きく確実性の高いものです。

家を留守にしていても、センサーが何か感知すると、近くの警備会社のセンターより警備員が来てくれますし、家にいて何か起っても駆けつけてくれます。

一般の家庭を防犯カメラ・監視カメラで見張るというのも大きく防犯に貢献する行為ですが、ホームセキュリティと連動すれば、より大きな安心を得ることができます。

ただし、ホームセキュリティの家をわざと狙う泥棒がいるというのも事実です。ホームセキュリティを行っているということは、それだけ金目の物がある可能性があるという理由によるものです。また、泥棒は警報システムが作動しても警備員が駆けつけるまでの時間がある一定以上必要であるということももちろん知っています。

ですので、警備を依頼する場合にはなるべく近くの警備会社に依頼しなくてはならないことはいうまでもありません。

スポンサードリンク

犯罪と防犯

防犯カメラや監視カメラが街のあちこちに設置されています。悲しいかな、ここ日本でも安全は無料で手に入りません。自分の身は自分で守るという考え方を、日本人はもっと真剣に考えておかなければならない時代になってしまっています。

関連エントリー

ホームセキュリティも検討 安全と水は無料ではない 近所付き合いも大切です オートロックは安全か