スポンサードリンク

Top >  防犯・監視カメラについて >  防犯カメラの種類

防犯カメラの種類

防犯カメラには、防犯カメラを設置する場所や目的など様々な防犯カメラの利用目的に合致するように、非常に多くの種類が販売されています。

CEAU051.gif

○ベーシックな形の箱型防犯カメラ
カメラのデザイン的には、いかにもカメラといった形をしたタイプの防犯カメラです。通常のこのタイプには、筐体の先端にレンズが装着されているのが分かります。一見して防犯カメラだと分かるので、設置しているだけでも防犯(威嚇)の意味合いがあります。


○ドーム型の防犯カメラ
丸い形をしており、デザインがいかにも防犯カメラという形をしていません。コンビニエンスストアや銀行などでよく見かけるタイプです。マイクが内臓されているタイプのカメラもあります。

○小型の防犯カメラ
手のひらに収まってしまうような、超小型の防犯カメラです。小型ですから持ち運びが簡単にできるというメリットがありますが、多くのこのタイプの防犯カメラは本体内部に映像や音声を記録するタイプの防犯カメラですから、数時間までの記録のものが多く長時間の監視には向きません。

この他にも、屋外に設置するのが目的の防水型の防犯カメラやコードレスタイプ(無線)の防犯カメラなどがあります。

防犯カメラといってよいかどうか分かりませんが、ダミーの防犯カメラも販売されています。ダミーの防犯カメラは本物そっくりにできてはいますが、当然ながら映像や音声などの記録はできません。ダミー防犯カメラは配線までしているように見せかければ本物かどうかの見分けは通常つきませんから、防犯という意味では大きく貢献してくれるはずです。

スポンサードリンク

防犯・監視カメラについて

現代社会と密接に関係のある防犯カメラですが、知っているようで知らないことってたくさんあります。

関連エントリー

防犯カメラの種類 防犯カメラの基本性能 防犯カメラの記録方法 防犯カメラは万全ではない 防犯カメラの選び方 防犯カメラと個人情報保護