スポンサードリンク

Top >  防犯・監視カメラについて >  防犯カメラの基本性能

防犯カメラの基本性能

防犯カメラの基本性能は、設置の目的や場所によっても選択する基準が変わります。

clpr096-s.jpg

また、防犯カメラも当然ながら高性能になればなるほど高額になります。購入以外にもレンタルという方法もありますので、選択肢のひとつとして考えておくとよいと思います。

○白黒・カラー
防犯カメラの一番基本的な性能であるのは、映像や画像がカラーであるか白黒であるかということです。

○暗視可能な防犯カメラ
犯罪は暗闇ので起ることが多いものです。暗い場所を撮影できるタイプの防犯カメラには、赤外線や高感度のCCDが利用されています。

○センサーが連動するタイプの防犯カメラ
通常は防犯カメラからの映像を記録せず、防犯カメラで監視している範囲に人の動きがあった場合に記録を始めるタイプです。

○ワイヤレスタイプの防犯カメラ
一般の防犯カメラは、カメラとモニター・記録媒体までが配線されていますが、ケーブルを使わず無線を使ってカメラの映像を送るタイプです。設置が楽に行えますが、無線の届く範囲でなければ意味がありません。

○遠隔操作ができる防犯カメラ
遠隔操作でズームやカメラの角度の調整ができるタイプのカメラです。

○画像の転送ができる防犯カメラ
室内の様子などの画像を携帯電話で見たり、パソコンを使って見たりできるタイプです。異常を感知したら自動的に画像を送るという種類の防犯カメラもあります。

スポンサードリンク

防犯・監視カメラについて

現代社会と密接に関係のある防犯カメラですが、知っているようで知らないことってたくさんあります。

関連エントリー

防犯カメラの種類 防犯カメラの基本性能 防犯カメラの記録方法 防犯カメラは万全ではない 防犯カメラの選び方 防犯カメラと個人情報保護