スポンサードリンク

Top >  防犯・監視カメラについて >  防犯カメラの記録方法

防犯カメラの記録方法

防犯カメラには、その瞬間をモニターで見るだけというタイプもありますが、多くの機種では映像や画像を記録することができます。

icn1009-s.gif

○ハードディスクレコーダー(デジタルビデオレコーダー)
市販されているビデオテープを使うタイプとちがいハードディスクを使うので、面倒なテープの交換の手間が必要でなくなります。また、デジタル録画ですからビデオのようにテープの劣化による画像の劣化もほぼありません。

便利で画像も鮮明に記録できるとあり、ハードディスクレコーダーを使うタイプは、防犯カメラの記録方法としては、現在の主流といってよいタイプです。

○ビデオデッキタイプ
以前は主流であったタイプの録画形式です。市販のビデオテープを使用します。防犯カメラの映像を記録するのがビデオテープですから、テープも使用するごとに劣化していきます。それと同時に画像も鮮明に写らなくなってしまいます。

また、毎日テープの入れ替えを行わなくてはならないという大きな手間がかかります。

防犯カメラの記録方法を大きく分けると以上の二通りの方法です。この他に連続した映像ではなく、その時々の瞬間を画像で記録するデジタルカメラ方式の防犯カメラもあります。

ポータブルタイプの防犯カメラはSDカードを内臓しており、カードに記録するというタイプのものが多いようです。

スポンサードリンク

防犯・監視カメラについて

現代社会と密接に関係のある防犯カメラですが、知っているようで知らないことってたくさんあります。

関連エントリー

防犯カメラの種類 防犯カメラの基本性能 防犯カメラの記録方法 防犯カメラは万全ではない 防犯カメラの選び方 防犯カメラと個人情報保護