スポンサードリンク

Top >  防犯・監視カメラについて >  防犯カメラは万全ではない

防犯カメラは万全ではない

日本は安全大国といえなくなってしまった今、防犯カメラで監視することは重要なこととなってしまいましたが、防犯カメラで監視していても、それだけでは決して万全ではありません。

万全ではないのは、防犯カメラにもデメリットがないというわけではないからです。

sign1034-s.gif

まず、犯罪のプロというのは防犯カメラを嫌っているのは当然ですが、防犯カメラの欠点を熟知しています。

防犯カメラは、通常天井などの人間の目線より高い位置に設置されます。ですから、防犯カメラに写る映像・画像というのは人間の顔を上から見ているものです。

ということは、うつむいていればほとんど顔が確認できないという場合もあり得るということです。また、防犯カメラが写す映像の左右の角度も真正面からであるという方が少ないといえます。

犯行が行われるのが昼間であったとしても、サングラスやマフラーで顔を隠せば、ほとんど見分けがつかなくなってしまいます。

防犯カメラが監視してレコーディングする映像も、なるべく鮮明なものでなければ役に立たなくなってしまう可能性だってあります。特に夜間の犯罪であれば、鮮明な画像は昼間より期待できなくなります。

防犯カメラで記録したものが犯人逮捕の大きな手がかりになるのも事実ですが、そうして確実に近いものを得ようとすればするほど、防犯カメラもたくさんの設置台数が必要になりますし、記録する機械も多機能でたくさんのチャンネルを記録できるものが必要になり、暗い場所でもなるべく鮮明な画像を映す高性能なカメラが必要になります。

なにごとにも予算というものがありますが、投資を無駄にしないためにも防犯カメラは予算が許す限り高性能なものを選ぶ方が賢明です。

スポンサードリンク

防犯・監視カメラについて

現代社会と密接に関係のある防犯カメラですが、知っているようで知らないことってたくさんあります。

関連エントリー

防犯カメラの種類 防犯カメラの基本性能 防犯カメラの記録方法 防犯カメラは万全ではない 防犯カメラの選び方 防犯カメラと個人情報保護